有機伝

酒 相場 電脳 育児

【今宵の酒】澄月(ちょうげつ) 純米吟醸 - 秋田 小玉醸造

f:id:chaiyya:20171029170736j:plain:w350

太平山 純米吟醸 澄月

大阪のセレブが住む箕面にあるデパートKOHYO(コーヨー)で購入しました。 KOHYOには日本酒バイヤーがいて全国のお酒を飲み歩いて店に置く日本酒をセレクトしているみたいでちょっと期待大です。

スラム街在住の自分にとっては(笑、見るものすべてが新鮮です。

帰ってさっそく飲んでみました。

香りは、純米酒らしくフルーティー。

口当たりはとても優しくまろやかで、いわゆるいくらでも飲めるやつです。

酔い:やさしい酔いです。平和〜な気分に包まれます。 酒によっては攻撃的になったり感情的になったり扇情的になったりといろいろありますが、今日のお酒はかなりいいです。優しい気持ちになります。

価格も720mlで1,425円と、安からず高からずでバランスが取れてます。

その場で比較できてないのでなんともいえませんが、高価な酒とくらべても勝るとも劣らない、かなり美味しいお酒だと思います。

評価:★★★★★ 2017/10/29現在

お酒データ

蔵元の触れ込み:

秋田県が誇る酒米「秋田酒こまち」を、太平山伝統の秋田流生酛で醸した純米吟醸です。清らかで口に含むとスーっと喉に落ちていく淡麗さが特徴。明るく若々しい華やぎがあり、しっかりとした旨みの芯を楽しめるお酒です。

原材料名:米・米麹
精米歩合:55%
原料米:秋田酒こまち 100%

【bitcoin】ビットコインがよくわからないのでビットコインやってみる

f:id:chaiyya:20171022151455p:plain

タイトルの通りなんですが、ビットコインてやつがイマイチ理解できてません。

wikipedia読んでも、それ系のブログ読んでも実感がわきません。

メリット?

デメリット?

今のところ全く理解できてない状態です。

自分自身そうですが、私の周りで理解している人は今のところゼロです。。。

てことでビットコインを実際に使ってみることにしました。

何事もそうですが、物事は実際に触れてはじめて本質がわかるものです。

株式投資してはじめて経済が実感できたし、お酒を飲んではじめてラリるってことを実感できたし、いわんやドラ(ry

いや、ドラ(ry は未体験ですが。。。

ともあれ、今のところ何がなんだか分かっていないビットコイン。

だから敢えてビットコインの海に飛び込んでみようと思います。

数カ月後には上から目線でビットコインを解説していることを目指して。(ウソ)

【読書】『薬菜飯店』筒井康隆

久しぶりに筒井康隆の『薬菜飯店』を読みました。

奥付(本の最終頁)を見ると私が買ったのは平成六年(1994年)の七刷版なので初めて読んだのは23年前ということになります。

以来、時空を超えて何度も読み返している、私の中の不朽の名作です。

f:id:chaiyya:20171001122841j:plain:w350

神戸の元町(もとまち)にある、とある中国料理店が舞台の筒井センセーお得意のドタバタエログロショートです。

読めばこの町のどこかには絶対に『薬菜飯店』が実在するはずだと、元町を探索することになります。

残念ながら未だ本物の発見には至ってませんが、元町には美味しい中国料理店が本当たくさんあって、探索の後はいつも飲み過ぎ食い過ぎでグデングデンになって帰る羽目になります。

この本を紹介した友人も全員この本の魅力に取り憑かれ、私と同じく神戸元町参りを繰り返す探求者の道を歩むことになりました。

本の詳しい内容はこれから読む人のために控えるとして、今回は登場人物と、薬菜飯店のメニューを紹介しようと思います。

登場人物

おれ・・・・・・・・主人公。
爷爷 (イエイエ)・・・店の主人。中国人。爷爷は中国語でお爺ちゃんの意味。フランス薬科大学卒。
青娘(チンニャン)・・店の主人の孫娘。開放的な性格。

メニュー(主人公が食したものに限る)

  • 0.鹿葉茶 食前茶
  • 9.睹揚辣切鮑肝(視力回復) ¥1,800
  • 11.鼻突抜爆冬蛤 (肥厚性鼻炎治癒) ¥1,800
  • 12.焦鮮顎薊辛湯(鼻中隔彎曲症治癒)¥1,800
  • 18.黒焙夏家雀舌(肩重軽癒) ¥3,500
  • 19.煽首炸奇鴨卵(咽喉疾患治癒) ¥1,800
  • 22.味酒珍嘲浅蜊(肺臓清掃) ¥1,800
  • 32.鉄板俵疾猪鼻(胃炎治癒) ¥1,800
  • 36.冷酔漁海驢掌(肝機能賦活) ¥1,800
  • 94.熱辣怪湯鍋巴(膝関節炎治癒) ¥1,800

合計 ¥19,600

どうですか? 食べるだけでたちまち身体の悪いところが治癒してしまう薬菜飯店のメニューのあれこれ。

物語では、主人公であるオレがこれらの料理を食しながら、ドタバタとエログロな体験をしていきます。

もし私がこの店に入ったなら、真っ先に肝機能を復活させるという36番の『冷酔漁海驢掌』を注文して、あとは9番と18番といったところでしょうか。
〆て7,100円

これでまるで今生まれたばかりのような爽快な気分になることができるのだ。

嗚呼ぁぁぁ、どこにあるんだ薬菜飯店!

情報求む!

【mac】macOS SierraのHomebrew updateでエラー

久しぶりにbrew updateを叩いたらError: Checksum mismatch.てな感じでおこられました。

$ brew upgrade
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles-portable/portable-ruby-2.3.3.leopard_64.bottle.1.tar.gz
Already downloaded: /Users/XXXXXX/Library/Caches/Homebrew/portable-ruby-2.3.3.leopard_64.bottle.1.tar.gz
Error: Checksum mismatch.
Expected: 34ce9e4c9c1be28db564d744165aa29291426f8a3d2ef806ba4f0b9175aedb2b
Actual: 930ae904c11f81cf0a01d5071aeb949e784ce5529e59e836a31cd8243a722553
Archive: /Users/XXXXXX/Library/Caches/Homebrew/portable-ruby-2.3.3.leopard_64.bottle.1.tar.gz
To retry an incomplete download, remove the file above.  

おこられた内容を見てみると、portable-rubyをダウンロードしようと試みるも、既にインストールされていたがChecksumがmismatchしていた模様。

指示に従って既存のportable-rubyを削除してからbrew update してbrew upgradeしたら無事通りました。

めでたしめでたし。

$ rm /Users/XXXXXX/Library/Caches/Homebrew/portable-ruby-2.3.3.leopard_64.bottle.1.tar.gz
$ brew update
$ brew upgrade

【節酒生活】25日目 今宵は金曜なのに控えめに飲めている

本来は雑記ブログのつもりで始めたこのブログですが、いつの間にやら断酒ブログみたいになってきましたw

今宵は金曜の夜なのに珍しく控えめに飲んでいるので、エントリーしておきます。

飲酒問題。。。本来なら早いとこケリをつけて、次の展開として読書レビューやらガジェットレビューなどの記事を書きまくり、アフィリエイト収入でウハウハしたいところなんですけど、世の中そんなに甘くはないようです。

そんなこんなでいろいろと遠回りしてますが、節酒を宣言してから今日で3週間が経ちました。

そこで今日は、この3週間で私に起こった変化を書いていきます。

続きを読む

【節酒生活】17日目 ひさびさの酒断ち

先月の終わり頃から月初めまで禁酒してましたが、週末に酒解禁したとたんズルズルと10日以上飲み続けました。

体調も悪くなってきたしそろそろ酒控えなアカンなと思い、エイヤ!と気合一発、今日から酒なしの生活にはいりました。

飲んでないとこうしてブログ書いてみたりとか充実した夜を過ごせれるんですけど、アルコールが入ると途端に何もやりたくなくなり、好きで始めたブログも放置状態になる始末。 ほんと困ったもんです。

なんとかならんのか。

続きを読む